TwitterはこちらInstagramはこちら

世田谷線沿い奉納相撲で有名な「世田谷八幡宮」に行ってきた

世田谷八幡宮スポット
スポンサーリンク

こんにちは、muiです。

招き猫で有名な「豪徳寺」を目指して、世田谷線豪徳寺駅を利用する人は多いと思います。

しかし、豪徳寺駅から徒歩圏内にある「世田谷八幡宮」も、とってもおすすめな神社なんですよ。

この記事では、【世田谷八幡宮】について紹介しています。

スポンサーリンク

「世田谷八幡宮」ってどんなところ?

世田谷八幡宮の鳥居

1091(寛治5)年、源義家は後三年の役に勝利した帰途、宮の坂の地で豪雨に遭い、天候回復を待つため滞在した。

その際、戦勝したのは氏神である八幡大神の加護によるものとして、豊前国宇佐八幡宮の分霊を勧請し祀ったのが始まりとされる。

神社と御朱印(世田谷八幡宮)より

世田谷八幡宮」の創建は源義家とする説がある一方、実際社殿に修造されている棟札(建物の建築や修復の記録として取り付けられた札)によると、創建は世田谷城主7代目の吉良頼康であるという説もあるそうです。

世田谷八幡宮の御祭神は?

世田谷八幡宮の御祭神はこのような神様です。

  • 応神天皇
  • 仲哀天皇
  • 神功皇后

八幡神と同一神である「応神天皇」、応神天皇の父にあたる「仲哀天皇」、そして応神天皇の母であり仲哀天皇のお妃様にあたる「神功皇后」が祀られています。

奉納相撲が現在も行われる「世田谷八幡宮」をご紹介

世田谷線豪徳寺駅から徒歩圏内ですが、最寄り駅は世田谷線宮の坂駅となります。

駅からは徒歩3〜4分ほど。

大きな社務所には駐車場と駐輪場もあるので、どなたでも参拝しやすいですね。

厳島神社

世田谷八幡宮の鳥居をくぐると、右手には「厳島神社」があります。

mui
mui

世田谷八幡宮には何度か参拝したことがありますが、厳島神社の雰囲気が本当に素敵なんですよ!

厳島神社の鳥居をくぐると、池の上に橋がかかっています。

この日は暖かく、カモが気持ちよさそうに泳いでいました。

池の中央辺りにも小さな鳥居が。

緑と水に囲まれた空間は、まさにパワースポットという感じ。

橋を渡ると厳島神社の本社があります。

mui
mui

厳島神社の御祭神は、御皇室の安泰や国家鎮護、海上の守護神として信仰される神様です。

小さな滝もあり、本当に美しい空間でした。

土俵

神様に奉納するための相撲が取られる神聖な土俵です。

世田谷八幡宮の奉納相撲は、渋谷氷川神社、大井鹿嶋神社とともに、江戸郊外3大相撲とされていました。

現在でも、9月15日の例祭では、東京農業大学の相撲部による奉納相撲が行われるそうです。

土俵の裏手には力石もありました。

手水舎

本殿にお参りする前に、手水舎で身を清めます。

本殿

身を清めた後は、いざ本殿へ。

mui
mui

平日はゆっくりお参りができました〜。

威厳と風格のある立派な本殿でした。

初詣に参拝する方も多く、一昨年の元日に来た時は、屋台が出てたくさんの人で賑わっていましたよ!

絵馬

世田谷八幡宮の絵馬には、可愛いお相撲さんが載っています。

相撲関係者の方以外にも、勝負事のお願い事がある方にはおすすめかもしれません。

「世田谷八幡宮」の御朱印

世田谷八幡宮の御朱印は、「書き置きの御朱印」のみとなっていました。

mui
mui

平日だけ「書き置きの御朱印」なのかどうか、詳しくは記載がありませんでした。

ここにもお相撲さんが!

初穂料300円

本殿の賽銭箱に入れてください。

「世田谷八幡」の基本情報

地図
住所〒156-0051
東京都世田谷区宮坂1丁目26−2
アクセス世田谷線 宮の坂駅より 徒歩3分
世田谷線 豪徳寺駅より 徒歩8分

コメント

タイトルとURLをコピーしました