TwitterはこちらInstagramはこちら

経堂鎮守の天祖神社は住宅街の癒しスポット。気分をすっきりさせたい方にオススメ

天祖神社の狛犬スポット
スポンサーリンク

経堂駅から千歳船橋駅の方へ線路沿いを歩いていくと、ちょうど真ん中くらいに位置するのが、経堂鎮守『天祖神社』です。

電車の車窓から、住宅街の中に突如現れる森に「何だろう?」と思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

この記事では、経堂鎮守『天祖神社』について紹介しています。

スポンサーリンク

経堂鎮守 天祖神社の紹介

天祖神社は3つの神様を御祀りしています。

  • 天祖大御神(諸神の本源の神様)
  • 稲荷大神(衣食住の神様)
  • 北野大神(学問・文芸の神様)

特に入学祈願のために訪れる人が多いそうです。

創立年には諸説あり、江戸幕府による地誌『新編武蔵国風土記』には詳細不明と記されていますが、古くからの民によると「永正4年(1507年)」ごろ創立したとされています。

例大祭

10月の最初の土曜日・日曜日には宵宮と例大祭が行われます。

例大祭で披露される獅子舞は、経堂流とも言われる『安宅囃子(あたかはやし)』というそうです。

この名前は曲目の「安宅崩(あたかくず)し」に由来していますが、テンポが速く威勢(いせい)のいい囃子です。

天祖神社公式HPより
mui
mui

天祖神社だけでなく、経堂や千歳船橋周辺のお祭りでは、この「安宅囃子」を見ることができますよ!

東京というと、都会的なイメージしかありませんでしたが、世田谷にはこうした伝統芸能が絶えることなく今も息づいています。

神楽

私が天祖神社に行った時には、神楽殿は閉まっていて中の様子は分かりませんでしたが、毎年元旦と例大祭には『神楽舞』が奉納されます。

神社の祭りにおいて神楽とは、天岩戸の「天鈿女命(あめのうずめのみこと)」の神話に由来し、神楽を神前で舞うことにより、神慮は慰められ、神霊はあるべき御座(みくら)にとどまると考えられています。

天祖神社公式HPより

天祖神社へのアクセス

施設名称経堂鎮守 天祖神社
地図
住所〒156-0052
東京都世田谷区経堂4-33-2
電話03-3420-0052
アクセス小田急線 千歳船橋駅:徒歩6分
小田急線 経堂駅:徒歩10分

住宅街にひっそり佇む癒しの天祖神社

平日の午前中ということもあってか、私が伺った時には神社に人影はなく「本当に世田谷のど真ん中?」というくらい、静かな空間でした。

mui
mui

小田急の沿線に近いので電車の音はしますが(笑)

三峯社

『火防と盗難除』のご利益があるそうです。

三峯といえば、秩父の三峯神社が有名ですが、世田谷にも御祀りしているところがあるんですね。

神様のつかいが『犬』に加えて『狼』ということでも有名です。

地元では「お犬さま」と言われ親しまれているそうですよ。

御社殿

三峯社を抜け、階段を登っていくと御社殿が見えてきます。

この時はちょうどおたき上げの納め所ができていました。

昔は茅葺の屋根だったそうですが、現在は瓦葺きの屋根になっています。

mui
mui

今の御社殿は昭和51年に用賀神社から移築したそうですよ。

ペット連れもお参りができるように、こんなフックがついていました。

神楽殿

御社殿の向かって右側に神楽殿があります。

上記で紹介した神楽の奉納の際は、こちらが舞台となります。

神楽殿の正面に描かれた絵には、環境の大切さを訴える意味を込めた仕掛けがあるらしいので、ぜひ探してみてください!

御朱印はリベンジ

御朱印がいただけるというリサーチはしたものの、神主さんがいるかどうか確認せず伺ったらお留守でした。

ということで、御朱印は次回に!

天祖神社は気持ちをすっきりさせたい人にオススメ

スピリチュアル的なことに疎い私でも、神社ってどこも清らかな空気が流れているように感じますが、天祖神社は特に気分がすっきりしました!

お近くの方は、朝の散歩がてらに行ってみると、1日を気持ちよくはじめられそうですね♪

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました